法人メールアドレスの活用法

当サイトは法人のメールアドレスリストについて取り扱っています。
リストを販売業者から入手することは容易になっていますが、利用する業者によっては適切な取得を行なっているケースもあります。
よって利用することの安全性は大丈夫なのかといった問題になり得るので、業者に確認をとるといった事が求められます。
またこれらはメールだけの利用だけではなく、アドレスと名簿リストの活用する方法や電話帳を併用して活用した営業手法をとる事もできると言った面が挙げられるのもポイントとなっています。

法人のメールアドレスリストの販売は合法なのか

法人のメールアドレスリストの販売は合法なのか 業者などが法人のメールアドレスを販売する場合、掲載する業者に同意を得ないで第三者に提供する事が認められて(謂わゆる合法)います。
またあらかじめその事を通知して、掲載された業者側がそれらを調べるなどの容易な方法で知る事ができる状態である場合も認められています。
掲載しようとしている業者が削除の依頼をした場合、速やかに削除を行うといった条件があります。
法人のメールアドレスを販売している業者は、個人情報保護法で定める手続きを取るのが必須でそれを行なっていない場合違法となります。
そして手続きをしていたとしても、公表されていない情報を取得してそれを販売をした場合も違法となる可能性があります。
メールを売る場合も迷惑メールに使われる事が分かっているのに売ってしまう事も違法になるので注意が必要です。

メールアドレスを活用した法人営業における法律問題

メールアドレスを活用した法人営業における法律問題 メールアドレスを用いて自社商品やサービスの案内を行う際には、特定電子メール法と言われる法律に抵触しないかを気にする必要があります。
メールアドレスを用いて法人が営業展開を進める際には、オプトインと呼ばれる受信者の承諾を得てからでなくては送れないのです。
メールアドレスを用いて受信者にメールを送信する際には、オプトインにより受信者に承諾を得る方法以外にも、事前に受信者と名刺交換などを行って相手のアドレスを聞いておいたり、Webサイトに掲載されているメールアドレスへの送信であれば、送信前に受信者のオプトインを得ることができなくても法律違反になることはありません。
特定電子メール法に従いメール送信を進める際にも、何点か注意すべき事項は存在しています。
メール本文内に送信者の名称や連絡先などの送信者の情報を掲載しておくことが必要です。
特定電子メール法に従わずに、電子メールを用いて営業展開を進めた場合には、法律上のペナルティを受けることもあります。
法人で行った場合には、送信行為を行ったものに罰則が適用されるだけではなく、送信を行った法人に対して、最大で3,000万円もの罰金を要求される可能性もありますので注意が必要です。

会社など法人にとってメールアドレスは資産です

皆さんは資産という言葉からどのような物を思い浮かべますか。現金、土地、社屋、いろんなものを思い浮かべる事でしょう。
会社が経済活動を行うにあたり、必要なものは全て該当します。よく経営に必要なものに「ヒト・モノ・カネ」と称されますがまさにその通りです。
ヒト・モノ・カネには会社に従事するヒト、会社が所有するモノ、事業を進めるためのカネが該当します。
ヒト・モノ・カネにまつわるものは比較的簡単に想像する事ができますが、忘れがちなものがあります。
それが情報です。
情報は、他と違い目に見えないため見落とされがちですが、会社にとっての重要なものです。
では、具体的にどういったものが重要な情報に含まれるのでしょうか。
重要な情報とは会社にまつわる情報全てです。
例えば会社に所属している従業員の名前、住所はもちろんのこと、支払われている給与の額、会社が取得しているドメインや、メールアドレスも該当します。
中でも会社が法人として使うメールアドレスも立派な資産です。
これが外部の悪意ある人に盗まれて悪用された場合、会社の信用が失墜し、ビジネスへの影響が多大に出てくる事になります。

法人企業におけるメールアドレスのコンプライアンス

法人企業におけるメールアドレスのコンプライアンスは、アドレス名およびドメインによって左右されます。
一般的にメールアドレスは、本人の氏名で構成されることが多くドメインは会社名であるためそれだけで所属する会社と氏名が推定されるからです。
メールを送ると言うことは、相手方に会社名と氏名およびアドレスを提供することになりますのでそれだけで個人情報に該当します。
個人情報は目的の名人ならびに、それ以外の利用は本人の同意の下に認められているため他の利用の転用をすることはできません。
制度をしっかり理解した上で運用している企業であれば安心できますが、まだまだ浸透し切れていないのが実情なのです。
情報のグローバル化が進んでいく中で、情報の越境移転も厳しく制限され始めています。
各社それに応じた取り組みをしないと、もしかしたら海外との取引をすることにあたって制限をかけられる可能性もあるということを覚えておくと良いでしょう。

法人ドメインのメールアドレスは情報漏洩対策にもなる

企業に所属している人と連絡を取るとき、メールアドレスは法人のドメインになっている事が通常です。
これがフリーアドレスだったりすると少し緊張が走り、口には出さないものの信用度が落ちるのは仕方のない事でしょう。
ホームページを持つ事とそのアドレスに独自ドメインを取得する事は、既に法人の常識になっています。
ドメインを取ればメールアドレスも発行出来るため、そこで独自ドメインのアドレスならば外部の人がその名前でメールアドレスを発行する事が不可能であり、情報漏洩対策にもなるのです。
そのぐらいの当たり前の事が出来ていない会社、となると信頼されにくくなるのは仕方のない部分でしょう。
個人事業主などではお金を中々掛けられない為そういった運用をしているところも多く、出来るだけ早めにドメインを取得して信頼を強くしたいところです。
フリーアドレスを使っている人は、そういった見られ方をされている事を把握した上で、運用すると良いかもしれません。

法人が販売促進活動に使用できるメールアドレス

商品を販売している法人がインターネットを利用して販売促進活動をするために必要なのは、顧客のメールアドレスです。
多くの顧客のメールアドレスを知っていれば、商品を宣伝するためのメールを多くの人に送ることが可能です。
メールを送ることに商品に興味を持ってもらえることもあるので、効果的な販売促進活動として多くの法人がおこなっています。
このような方法で販促をする時に使用できるのは、過去に取引したことがある顧客のメールアドレスです。
インターネットの通販サイトで商品を販売している会社ならば、商品を販売した時に相手のアドレスを確認しておけば、こうしたアドレスを使用して販促活動ができます。
多くの顧客のアドレスを取得したい場合には、サイトを利用する時に会員登録が必要なようにすることもできます。
会員登録で入力しなければいけない事項の一つにメールアドレスを指定することで、より多くの人のアドレスを手に入れることが可能です。

法人のメールアドレスは会社名と文字列で工夫する

メールアドレスは、法人であれば会社名をそのまま使うのが一般的です。
しかし会社名は地域で被っていけないだけで同名がたくさんあり、早い者勝ちになってしまう部分もあります。
出来るだけ分かりやすく前後に文字列を付ける事で、意味があって違和感のないメールアドレスに出来るかが腕の見せ所です。
出来ればなるべく短めに収めたいところですが、元々の会社名が長い場合は無理して短くすると、略称のようになってかえって分かりにくくなってしまいます。
基本的にドメインと呼ばれるネット上での住所を取得し、それをメールアドレスにも使う形になるため、ドットコム以外にも出来ない事はありません。
と言ってもドットコムに会社の意味が入っており、世界的にもそれを使う事が企業のドメインとして常識なため、それ以外は考えにくい状況になっています。
そのため、早い者勝ち状態になって後発ほど自由に名前を付けられなくなっているのは、多少問題なのかもしれません。

ダイレクトデータサービス紹介サイト

法人メールアドレスの詳細

新着情報

◎2023/2/15

情報を追加しました。

> 会社など法人にとってメールアドレスは資産です
> 法人企業におけるメールアドレスのコンプライアンス
> 法人ドメインのメールアドレスは情報漏洩対策にもなる
> 法人が販売促進活動に使用できるメールアドレス
> 法人のメールアドレスは会社名と文字列で工夫する

◎2020/6/17

顧客に安心をもたらす
の情報を更新しました。

◎2020/4/14

法人でドメインの取得をしよう
の情報を更新しました。

◎2020/2/27

販売企業から購入するメリット
の情報を更新しました。

◎2019/11/27

セットで活用した営業手法
の情報を更新しました。

◎2019/9/30

アドレスとリストの活用法
の情報を更新しました。

◎2019/8/30

サイト公開しました

「メールアドレス 販売」
に関連するツイート
Twitter

スルメ氏のメールアドレス悪用からの脅迫の件に関して私見。 あくまで推測ではあるが、暇空氏が販売差し止めの理由を強行で発表したことからこの方法を採ったと思われる。 狙いはおおよそ、暇空氏への責任の擦り付け、及び実害を出すことによる暇空氏の行動を制限させようという意図。 ↓

🌸GTAアカウント販売🌸 (PS4/PS5) ・10億円所持アカウント ※メールアドレス・パスワード変更可能♪ (在庫+10) お値段:¥6000

メールアドレスとパスワードが、多分当時流出して、それが今になってリスト販売された、のが正しいか。 休眠アカウントとかで不正働く類の奴だなぁ

個人情報について eSIMカードの販売は、お支払いとメールアドレスのみ個人情報を収集します。 それ以外の情報は、収集しません。 メールアドレスは、捨てメアド等も対応しております。 メールアドレスに、必要な場合、ご連絡します。

「Danganページビルダー」は、LP(ランディングページ)作成機能を追加するWordPressプラグインです。 商品販売ページ、セミナーの募集ページ、メールアドレスのリストを集めるスクイーズページなど、各種ランディングページを簡単に作ることができます。

返信先:貴方はそんな事はどうでも良い メールアドレス変わった? 販売報告書を送れないぞ? (; ̄ェ ̄)